第3回班会議サマリー完成

KEK東海キャンパスに於いて、昨年12月25日~26日の2日間にわたり、第3回班会議が開催されました。年末のお忙しい中、班会議にご出席された皆様、どうもありがとうございました。

会議のサマリーを公開いたしましたので、是非ご覧ください。
[活動状況] —> [班会議] —> 第3回報告書
[班会議サマリー] ->第3回報告書

第3回班会議のお知らせ

日程調整に御協力いただき、誠にありがとうございました。
下記の通りご案内させていただきます。

開催日時 12月25日(木) 13時40分 ~ 17時25分
12月26日(金) 9時 ~ 15時
場所 KEK東海キャンパス 東海1号館 324号室
大変申し訳ありませんが、東海駅から東海1号館までは、タクシーをご利用くださいますようお願いいたします。
プログラム ダウンロード
旅費補助 発表される連携研究者、招待研究者の先生方には旅費補助の用意がございます。ご希望の方は事前にご連絡ください
なお、KEKのユーザ登録が必要(※)になりますので、こちらからお願いいたします。
※KEKユーザー登録はつくばキャンパス、東海キャンパスで共通です。既にどちらかで登録されている方は新規登録不要です。
宿泊 東海ドミトリーを利用することができます。班会議用に20室確保してあります。
ご希望の方は事前にご連絡ください
懇親会 12/25(木), 18時から。
事前に参加のご連絡をお願いいたします(11月28日まで)。
会場:トラットリア パラン
会費:5,000円(※)
※会費は会議初日に受付にて徴収いたします。アクセス・連絡先
昼食 周辺に店舗が少ないため、12/26(金)の昼食は、ご希望の方にお弁当(予定価格:700円)をご用意させていただきます。事前にご予約ください(11月28日まで)。
料金は会議初日に受付にて徴収いたします。
連絡先 門野研究室 小林まで
makoba”at”post.kek.,jp

JPSJの注目論文として紹介されました

2013年7月、足立氏(上智大)・小池氏(東北大)らによる研究論文が、日本物理学会英文誌(JPSJ)の注目論文に選ばれました。
電子キャリア注入型(T’構造)銅酸化物超伝導体の還元処理による電子・スピン状態の変化 —ノンドープ超伝導の発現メカニズムを提案—

Evolution of the Electronic State through the Reduction Annealing in Electron-Doped Pr1.3-xLa0.7CexCuO4+δ (x=0.10) Single Crystals: Antiferromagnetism, Kondo Effect, and Superconductivity